せどりのリストを紹介します。

アマゾンで在庫切れの商品はどうやって探すか、という問題

せどりビジネスをする上で肝になるのがアマゾン上で在庫切れになっている商品の探し方ですね。
特にアマゾンランキングも高くて、Amashowなどで見ても確実に売れた形跡があるものでないと意味がありませんが。

結論から言うと手動では厳しいため、
ツールの稼働が必須になると思います。
時間の効率化が半端ではありません。

また仕入先も一緒に探してくれるソフトのほうが初心者にはいいでしょうね。
プレミアム商品を検索してはい終わり、では、仕入先に困って先にススメませんし、
一般的なネットショップはたくさんのせどらーもチェックしているために仕入れに苦労します。
なので、Amazon在庫切れを狙うためには検索ソフトを使用し、
同時に仕入先ショップも提示してくれるものを使う!というが私の結論です。

更に言えば、仕入先は自分オリジナルのショップをいくつか確保しておくと良いです。
まぁ大抵の場合はリアル店舗になるんでしょうが、そういうのはホントに強みになります。

海外転売で稼げるリストの性質とは

せどりで稼げるリストとは、「定価超え」、「Amazon在庫切れ」などでしょうね。

これらのリストが稼ぎやすい、価値のあるリストだと言われています。

では、海外転売で稼げるリストとはどういうものなのでしょうか。

海外転売にはebay転売とかAmazon輸出とか色々ありますが、
ここではAmazon輸出の場合で考えてみましょう!

最低でも、内外価格差が大きいというのは必須条件ですよね。

日本Amazonと海外Amazonの価格差が大きい商品を狙って稼ぐものです。

あとは、出品する国のAmazonランキングが高い事も重要です。

日本Amazonのランキングを見ても意味がありません。

国によってAmazonの規模が違いますので、
狙うべきランキングも異なるのです。

また、Amazon輸出リストにはもう1つ重要なポイントがあります。

それは、リストの鮮度です。

どれだけ優れた条件のリストでも古ければ価値がありません。

それはせどりでも同じですが、Amazon輸出の場合は
日本Amazonよりも市場規模が大きく、商品の値動きも激しいので、
せどりよりもリストの鮮度を意識してください。


他にも色々な条件があるのですが、重要なのはこの辺です。

これさえ気をつければ大丈夫でしょう。

リストを見つけよう!

せどりで仕入れをする際に、リストがあると便利です。


リストはさまざまな見つけ方法があります。


まずは、ネットで落ちているものを探すということです。

せどり リストで検索をかけると結構たくさんのリストが出てきます。


リストの内容だけ見ていると、お宝商品が結構たくさんあって、すごいものを見つけたものだと
驚きます。


しかし、実際にリストをつかって、商品を検索してみると、ほとんどが仕入れられてしまっていたり、
すでに大量の出品者が発生して、価格下落が起きているケースもあります。


こういったケースを避けるには、自分でリストを作ることが大切です。


自分でリストを作るには、ツールを使うことが早いです。


電脳せどり検索の機能のついたツールを使うことをおすすめします。


お宝商品の必須条件となるAmazon在庫切れやFBA出品者数の有無を検索条件に設定して、
探す作業は自動でということが可能になります。


自動で商品は検出されるので、あとはそれらをリストに追加していけばいいです。


CSV形式でexportできる機能が搭載されていると、
なおのこと便利ですね。

手動で書き写す必要もないですし、コピーアンドペーストをする必要もありません。


おすすめです。